トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ >小烏山α

     

         奥千杖ヶ岳から南下する尾根に大烏山があります。さらに南下する尾根を 烏ノ尾根 と言われていて、雛の岩、馬止め根場、西御殿、東御殿、大久保山、杣口山と下り

         R140号に至ります。小烏山は西御殿の北1705mピークから派生する尾根上にある1403mのピークです。

         山の会の例会でこの小烏山から烏の尾根を杣口山へと縦走しました。牧丘から杣口林道を北上し西沢橋の袂から斜面に取り付きました。急斜面です。

         小烏山へ。ここから危なっかしい急下降、鞍部に出て藪斜面をトラバースして最後は急登で1705mピーク近くの烏の尾根に出ました。

         この後は烏の尾根を小さなアップダウンをしながら下って行きます。大久保山で早い昼飯休憩。楽勝かと思われましたが大久保峠辺りで進路不明。

         何度も地図読みを繰り返し杣口山へ。この後もしばらく尾根通しですが途中から南西に向かう枝尾根に出るはずでしたが、どうも予定通りの尾根を下ったかは不明。

         それでも作業林道に出て、無事下山予定の衛生センター横に降りつく事が出来ました。

          標高は高くはないですが、登山道はなく地図読みしながらの尾根歩き、結構 難しいものですが、楽しめました。

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ  >小烏山α