トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ >ナメラ沢

   フォトストーリーへ

    ナメラ沢、笛吹川水系にあるその名のようにナメのきれいな沢です。グレードは初級で結構人気があるようです。

    山の会などの人たちと沢登りです。雁坂トンネル入り口料金所脇に車を留めて雁坂峠のほうに向かって歩き、沓切沢橋から入渓。

    しばらく遡って5mの堰堤のような滝。念のためザイルを出して。  しばらく流れを遡行、やはりナメが続きます。その先幅広、10×20mの大ナメ滝、一見登れそうですが

   水苔でぬめって滑りやすくフリーでは難しそう。水流の端を行きます。 その後もナメは続きますが問題となる所はありません。

    二又から左手へ、渓の様子が変わりやや狭くなりナメでもデコボコしています。前情報では倒木で難儀するようにありましたが、大水でも出たのかきれいに流され、

    川底が丸見えです。次第に流れも細くなり枯れる所で遡行は終了。左手の笹原を尾根に向かって登りますが、途中からトラバース道?これを伝って青笹尾根へ出ます。

    後は地図読みしながら防火帯へ。ここは開放的で、ワラビもいっぱい。ほぼ終点間近から斜面を下り車道に出て駐車地へ。つめも問題なく気持ちの良い沢でした。

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ  >ナメラ沢