トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ >深南部杉川源流周回

    フォトストーリーへ  パノラマへ

     南アルプス、深南部 杉川源流周回。川根本町の道の駅で仮眠、翌朝杉川林道を奥へ。ゲート前の広場に車を留めて少し歩き、樫の木沢の袂から山道に入ります。

     あまり踏み跡ははっきりしなくアセビの藪もうるさい。結構傾斜もある。まずは入手山へ。ここからは尾根歩き、まずは岩岳山、神社峰、アカヤシオの花が目立つ竜馬がヶ岳。

     次第に天気は下り坂、ガスが立ち込めてきます。この先は難路のようでガレ場のようなところを下り細尾根、広い尾根の登り、近道をと霧の中で少し迷う。

     コバイケイソウの群落の高塚山。ここからは道もはっきりします。三つ合、から蕎麦粒や物方へ。一旦下って山犬段へ。ここの避難小屋で一泊。他には誰もいませんでした。

     静かな夜広々とした小屋でゆっくりと休みました。翌日は風は強いが空は晴れています。蕎麦粒山へ登り返します。富士山も見えました。次は大札山です。

     途中林道へ迂回する標識があり、直進は×でしたが近道と危なっかしい尾根を進みました。植林地も出てきたので安心しましたが杉川林道へ出る尾根の末端が切り開きで断崖!

     迂回路を行ったリーダーに林道から登ってきてもらいザイルで何とか降りることが出来ました。この後アカヤシオの目立つ大札山です。ここは人気の山か?沢山の登山者に出会いました。

     下には大きな駐車場もありました。林道をクロスして三ツ星山へ向かいます。長い単調な林道歩き。1時間強で三ツ星山への標識、15分で山頂。ここを通過し再び林道へおります。

     この先で入山地の杉川の方へ下る破線道が地図にはあるのですが、全く分かりません。地図をよく調べ、ここより下流の顕著な尾根を下ることとなりました。

     少し急なところもありましたが植林地で比較的歩きやすい。何とか杉川の流れに出て対岸へ渡渉、無事に杉川林道に戻ることが出来ました。

     深南部には沢山興味ある山があります。またいずれかの山に登ることになるでしょう。

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ  >深南部杉川源流周回