トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ >塩蔵川1

     

    今シーズン初めての岩魚釣り。例年より遅いです。目指すは塩蔵川、さて今年は雪の量はどれほどだろうか?

    夜半少し早く出て、車留めで明るくなるまで仮眠。支度をして歩き出します。それほど寒くなく雪も中途半端な凍りつき具合で所々潜り込む。

    次第に雪も多くなり林道片側は時折小さな雪崩跡で埋められ谷底に落ちている。ここの通過が厄介。いつもより早くに斜面を降りる。

    水量は少ないが雪は結構ある。はじめブドウ虫でやったが、アタリは悪く、冷たい流れに手を突っ込み石をひっくり返し皮虫取り。なかなかいいのがいる。

    川虫ではとたんにアタリが良くなる。 しかし雪は深くなり遡行がはかどらない。大丈夫だと思った雪面も急にズボッと潜り込み、腰や胸まで落ちてしまう。脱出に一苦労。

    時間ばかりが過ぎて行き、いつもの降り口までもなかなか到達しない。次第に釣欲も薄れて行き、今日はここまでと早めに竿納。しかしこの後の雪の斜面登りがまた大変。

    雪は深いが全く締まっていなくてずり落ちてばかり、一向に高度が上がらない。小さな沢スジにトラバースして再び最後の斜面登り、何とか林道に出たがへたりこんでしまった。

    林道も緩い雪でこれまた歩行が大変。簡易スノーシューは何度もはずれ車止めにつくまでにはかなりの時間がかかった。

    ま、釣果はそれなりにあったが、  ヘルメットに アイゼン、ロープ、スノーシュー持参、と釣りと言うより雪山登山?   例年シーズンはじめはこんな状態です。

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2017山歩き、渓歩きへ  >塩蔵川1