トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >二つの淡雪山

       フォトストーリーへ 

        淡雪山、甲府盆地の裏山と言った所にあります。金子峠からだとわずかに5分ほどでいけます。尾根伝いに興因寺山へいけます。ここが一般的には淡雪山となっています。

        しかしここから興因寺山への縦走路から途中で西の方へやや下り気味に枝藪尾根を行くとやはり花崗岩の白砂の山がありここにはかって淡雪山なる山名板がありました。

        今ではこの山名板はは見当たらないないのですが、石仏か石祠かの台座に当たる長方形の構造物だけがのこっています。静かで、見晴らしの良い所です。

        ここが本来の淡雪山だと思っているのですが、入り口が少し分かりづらく、縦走路上にあるわかりやすい淡雪山に取って代わられてしまったのでは考えています。

        ま、歴史的には何か由来がありそうですが、チョッと簡単には行き辛く、このまま隠れたる存在の方が良いのかな?

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >二つの淡雪山