トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >小津権現山、花房山

        フォトストーリーへ

      奥美濃、 揖斐川の上流。津汲からさらに奥の小津集落には白山信仰の白山神社があります。この近くには名工左甚五郎の屋敷跡があったようです。

      この白山神社からの道もありますが、杉谷林道があり、さらに登山口広場まで車で行くことができ、大きな駐車場もあります。ここから登山道に入ります。

      しばらくで笛石山。その後やや傾斜も増し高屋山。ここから尾根道を少し下りまた登っていくと先にピークが見えますが紛らわしい前衛峰です。ここ登りもチョッと大変。

      ロープなどがある急降下で鞍部に出て再び登り、やっとのことで権現山。大権現白山神社の社があります。この先にはおそらく花房山らしいピークが遠くに見えます。   

     急な泥壁、草付を固定ロープで下り杉林へ。グーンと下りまた徐々に登っていき急登で最初のピークへ。ここからグルット右に回りこむように尾根道を行きます。

     ブナの緑がまぶしいです。最後は藪に近い急登、ここにもロープがあります。三角点と青色の山名板があります。道はもこの先二手にありますが何処へ通じるのでしょう・

     天気は良いのですが遠くの山際には雲がかかっていて能郷白山、白山 御嶽山なども見えることになっているが見えません。大きな徳山ダムが見えました。

     帰りはまた大きなアップダウンです。気が重い。前衛峰からはほぼ下りのみ、無事に駐車地に着きました。平日ですからv誰にも出会いませんでした。

        ルート図はこちら

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >小津権現山、花房山