トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >塩蔵川

      フォトストーリーヘ

        今シ ーズン初めての岩魚釣り。例年より一月も遅いです。今年は急に暖かくなったので好漁を期待して夜半に出発。

        開田高原、長峰峠を越えて目指すは塩蔵川。まだ暗あい中林道歩き、雪はもう残っていません。途中カモシカに二匹も出会いました。

        小一時間で降り口、例年なら凍りつた雪斜面ですがここも比較的折りやすい。川面に出ると流れは平水。早速川虫取り、すぐに仕掛けを投入。   

        すぐにアタリがありましたがバラシ、しかも仕掛けは反動で頭上の枝に絡まる。ウウーン?!今度は慎重にしかし次もバラシ??おかしいな?

        しかし次は取り込めました。その後も同じような状況、半分以下しか取り込めない。でも良く出る。まだ誰も入っていないのか?そんなことは無い、もう4月だ??

        こんな調子で遡行ははかどらず、次第に岸辺の雪も目立つようになり、この上を歩くと緩んだ雪で深くもぐりこんでしまい実に疲れる。

        まだ大滝までは遠い。釣果もそれなりにあるからと少し早めだが切り上げる。さて帰りは?途中で竿納したからどの斜面を登ろうか?

        できるだけ傾斜の緩そうな所、手がかりのありそうな所を探して登り始める。どうにか林道にたどり着きました。ここも雪はほとんど無く問題なく歩けます。

 

         今年は何回ぐらい岩魚釣りにいけるのでしょうか?