トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >白砂山、一、二、三ノ嶽

       フォトストーリーへ

        知人と昇仙峡右岸の白砂山、弥三郎権現、一、二、三ノ嶽などの周回山行です。昇仙峡渓谷沿いの空き地に車を留め橋を渡り羅漢寺の裏手から尾根を登ります。

        はじめは伐採地ですがすぐに急斜面、岩を縫うように登って行きます。第一ピークまで行って平坦地。コルを過ぎると大岩が行く手を阻む。右側を回り込みますが  

        右下はかなり深い。まきを終えてまた稜線に登るのが大変。木の根っこなどを頼りに攀じ登ります。稜線に戻り左後ろがちょっとした展望所。

        今度は左の斜面を回り込みますがいくつも踏み跡?がありますがいずれもチョッと厄介。何とか白砂山に出ました。人が一人いましたが驚いていました。

        ここでお昼ご飯休憩。その後は一般道でパノラマ台、展望所現在の弥三郎権現。この後は滝上登山道に廻って、さらに羅漢寺山の基部を南に回り込み、旧弥三郎現へ。

        さてここから、岩の反対側へ、鎖と石段を伝って下へ。さらに少し下って次は鎖と、鉄梯子で降ります。すぐに一ノ嶽です。少し西へ下り気味にトラバース、小尾根の横を下へ。

        ここで「東三嶽」の道標、東へトラバース気味に。三の嶽です。また戻って・・少し下へ行き過ぎましたがチョッと登りなおして「西二嶽」の道標。のしへ行くと石積みのある二の嶽。

        後は羅漢寺沢へ向かって降りていきます。 竃跡と「・・・和尚」の石の墓が現われすぐ下に旧羅漢寺跡の石積み遺構。沢を下って昇仙峡の流近くへ。羅漢寺にたどり着きました。

        距離的には短いのですが急な崖などの登下降、いくつかの遺構などもあってなかなか楽しめます。

                            大きい地図はこちら

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >白砂山、一、二、三ノ嶽