トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >竹日向弓張峠周回

      ムービーへ 

        このところ弓張峠をからませた山歩きが続きます。何とか周回と竹日向集落裏手の尾根を詰め、弓張りの防火帯から弓張峠を経て高成林道に出て竹日向に戻るコースです。

       地図を見て尾根取り、沢コース、昔の山道などを描きました。この日は夕方から用事があるので昼過ぎには帰れるように、新弓張峠を下ることにしました。

       しかし前半の竹日向裏手の山道が大変でした。はじめこそ道形もあり傾斜も緩やかですが、途中から急な細尾根です。本当はこの直前で傾斜の緩そうな日向沢を登るコースを

       予定していましたが、尾根通しの方が近道のような気もして、またなんとなく踏み跡らしきもの(獣道だったか?)もあったのでそのまま直進。これがいけませんでした。

       尾根は細く急峻、崖のような所を登る羽目になってしまいました。岩や、立ち木、わずかに露出した木の根っこを掴み何とか登りきりましたが、チョッと際どかったです。

       その後は防火帯に出てかつて知ったる道、弓張峠からも道は明瞭で、高成川に出て林道歩きで車止めに戻りつきました。

                          ルート図はこちら

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   >2018年山歩き、渓歩き  >竹日向弓張峠周回