トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   > 2020年山歩き、渓歩き> 倉掛山

      フォトストーリーへ  親子熊ムービーへ

     奥秩父の山域の一つで、 山梨市と甲州市との境にある標高1,776.5メートルの山です。ふつうは柳沢峠から入り三窪高原の先からは明るい防火帯を行きます。あるいは白沢峠から尾根伝いにも行けます。

     今回は三富の雷集落から雷川の中流域まで行き、ここから歩き二俣で左の沢に入ります。沢は今年、昨年の?大水のせいか 荒れて両岸はかなり流され,岩がむき出しの所が多い。

     途中親子熊(親、子熊2匹の計3匹)に出会いましたが向こうはあまり気づいていないようでした?上流は落ち込みは少なく、両岸は削られく長いナメ滝状になっています。

     沢の終わりころには斜面に取り付き、低い笹薮を登って明るい防火帯に出ました。ここからしばらくは登山道です。防火帯の突きあたりは断崖です。左の尾根に行くと10メートルほどで1776,5mの三角点。

     ここからは南西尾根をまず1599,3mの四等三角点へ。やや南に下りながら1142mピークへ。この下で廃林道に出ます。後は林道歩きで車止めへ。紅葉がきれいでした。

     天気も良く誰にも会わない静かな藪道歩きでしたが。親子熊には出会いました。

           ルート図

              トップページへ   >   山歩き、渓歩きへ    > 2020年山歩き、渓歩き倉掛山