トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   > 2020年山歩き、渓歩き> 虫倉山

     フォトストーリーへ

      虫倉山葉長野県に二つあるが姥捨て伝説のある長野中条にある1378mの山は信州百名山の一つですが、 今日の登ったのは東信地方(旧和田村)長和町1659,2mの虫倉山です。

      白樺高原から大門峠を越えて大門街道 仏岩橋近くから水道施設の横の斜面から登りました。尾根に出て左獣除けネット、右伐採地の間を登って虫倉山東峰石の祠や大きな石柱があります。

      一旦下りまた登り鉄塔下をくぐり岩の多い尾根を登っていきます。中峰ここは獅子岩がありますさらに少しずつ登り少しカヤトの横を通り笹が出てきてしばらくで虫倉山です。展望はありません。

     広い笹の北北東のはずれのほうに1659.2mの三角点がありますが笹に隠れて見つけにくい。周りの笹を少し毟り取っておきました。少し戻るように北西のほうへ下っていきます。

     広いカヤトの原で西のほうは展望が開けています。左は崖ですが尾根を下っていきます。踏み跡ははっきりしませんが北西のほうに下っていきます。林道が見えてきて作業をしている人がいます。

     すぐに星糞峠黒曜石原産地遺跡です。ここからは林道歩きで朝自転車をデポしておいたゲートに着きました。後は下りでほとんど漕ぐこともなく車止めへ。

      登山道はなく踏み跡も薄いですがほとんど尾根通しで危険な所もなくのんびりと歩くことができました。

                  ルート図はこちら

              トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   > 2020年山歩き、渓歩き 虫倉山