トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ  >2024年山歩き、渓歩き >倉掛山周回

             スライドショーへ

   倉掛山周回


   山梨県三富村雷沢の左股を詰めて倉掛山に至り山頂からは南西尾根に下り廃林道に出て雷沢の橋の袂の出発点に戻ります。

  雷沢右股は沢登り(初級)の沢ですが、左股は滑滝などもありますが水量も少なく両岸をうまく遡行すれば濡れることもありません。

  沢の終点近くから北東に斜面を登れば防火帯に出て北のほうに登って防火帯の終点が倉掛山です。三角点はわずかに西のほうにあります。


   右の尾根を行けば白沢峠のほうへ行けますが、今回は山頂から西の方の尾根を下ります。

  初めのほうはやや広い尾根もあり踏み跡も薄いですが地籍調査のマーキング等もありこれに従って進みます。1599,3mの四等三角点のあるところは開けて特に北の方は展望が良いです。

  後半はやや細尾根になりますが迷うことはまずありません。1142m当り尾根の橋のほうになると下に廃林道が見えます。踏み跡に従い降りていくと林道に出られます。


  後は林道を辿って行けば出発点の雷沢の橋の袂に出ることができます。   
前半沢歩きですが全体には準バリエーションと言ったところです。

       ルート図

              トップページへ   >   ? 山歩き、渓歩きへ  >2024年山歩き、渓歩き 倉掛山周回