トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ  >2024年山歩き、渓歩き >黒金山

            スライドショーへ     パノラマへ

  
    山梨百名山の一つです。ルートはいくつかありますが、難易度はBくらいとなっているがこれは山梨三富の大平牧場の奥、乾徳山林道駐車場から登るものです。

    この駐車場までは通行止めなどがあってこのルートはなかなか取れない。乾徳山からの縦走や、徳和集落からの大ダオ経由もなかなか遠い。

    また西沢渓谷からも道はありますが渓谷の最奥からの登りも急で大変です。

     今回は半分くらいバリエーションルートの花戸尾根経由で登り、帰路を青笹にするルートにしました。

    三富の芹沢地区、笛吹権三郎の近くから登ります。登り口近くには築江神社里宮があります。はじめは芹沢に沿って登り途中から花戸尾根の末端に取り付きます。

    ここまでも急登。尾根乗ると道はスッキリして藪もありませんが登りは続きます。1449,2mの花戸山は展望もなくこれといった特徴もありません。

    この辺りの道はなだらかで広い。少し先で乾徳山林道に出ます、花戸尾根峠です。 林道は辿らないで横切っていきます。途中に太郎ブナなる大きなブナの木があります。

    そのあとも小さなピークがありますが結構道は広い。昔のオツクエ参道か?防火帯なのか?1705mの引込手前は急な登りです。

    ここから西に曲がり西沢渓谷からの登山道に合流しますが結構急な登りです。そのあとは一応一般登山道、奥秩父の趣のある林の中を進みます。

    途中の岩場などで展望は開けた所もありますが北側は雲が出てきて展望はよくありません。急降下して明るい牛首のタルです。

    空は黒い雲が出てきて予報の雷雨が心配。ここでもう青笹に向けて降りようかとも考えましたが、あと30分だと頑張って黒金山へ。

    展望もほとんどなくすぐ引き返します。牛首のタルからは乾徳山林道駐車場登山口へ向かって下ります。丈の低い気持ちの良い広い笹原の中を下ります。

    乾徳山林道登山口の広い駐車場で青笹への下山口を探し下って行きます。途中から踏み跡も薄くなり急な尾根筋が何本も出てきます。

    何とか道型を拾い青笹川の小さい枝沢を横切って青笹川左岸の巻道を青笹集落に向けて下ります。

    民家近くに出ましたがこの辺りにも「牛首、黒金山」へ案内標識がしっかりあって昔の登山道でもあったようですが、この道を登るのはなかか大変だったと思われます。

     雨にも降られることなく無事下山することができましたが、長時間のルートで登りも下りも大変でした。

    ルート図

              トップページへ   >   ? 山歩き、渓歩きへ  >2024年山歩き、渓歩き 黒金山