トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   > 2022年山歩き、渓歩き白岩岳

          フォトストーリーへ   パノラマへ1  パノラマ2

           白岩岳には今まで5回ぐらいのぼっています。釜無山側から3回、小黒川から1回、点名黒河内経由1回。今回も小黒川からと思ったが市道黒河内林道が上からも下からも通行止め。

          それでまたもや釜無山側からのピストン。ま体力度のバロメーター としてでも・・・。 入笠山への交通規制があるので早朝沢入り駐車場を過ぎ大阿原湿原を越え釜無山登山口に着く。

          はじめから深い笹薮、おまけに靄が立ち込めている。それでも途中までは素直に登山道を歩いたが、近道をしようとして右側の踏み跡に引き込まれ次第に西の方へ行ってしまった。 

          どうもおかしい?今まで通ったことのない古い林道が出てきた。地図を見るとかなり西側にずれている。復帰しようと藪の急斜面を登ってやや平坦地に出たがここも笹は深い。

          また地図を確認するとどうやら釜無山は過ぎている?苦労したが思わぬ近道??しばらくすると見覚えのある東谷の頭に向かっての鞍部。 東谷の頭に向かって登って行くが三角点はわからず。

          今度は下りで笹の平峠。何本もの踏み跡が交差している。また登り。次第に変化の富んだ尾根歩き。広く明るい大きな笹原を徐々に登って行きさらに林の中を登って行くと平坦になる。

          右手側にピンクテープが目立つようになると西尾根への入り口で白岩岳山頂は近い。白い小岩の散らばった明るい山頂です。雲は多くあまり眺めはよくない。

          雲の流は早く甲斐駒や鋸なども時折現れる。眺望が開けるのを待つようにゆっくりと昼飯休憩。十分に休んで帰路はピストン。小さなアップダウンを交え徐々に下り気味に笹の平峠に出る。

          あと半分少しだが東谷の頭と釜無山へと大きな登り返しがある。東谷の頭の三角点ははじめて見ました、ダラダラと笹原を進み急降下で鞍部へ。さらに登り返して釜無への笹藪。

          ここの笹原は広く深いので方向感覚が分らなくなります。それでも何とか釜無山の山頂を踏んで下っていきますが笹はかなり深い。表面だけ見るとほとんど道はわかりません。

         笹の下、足元の地面を見ると道があることが何とかわかりますが、釜無山までは一般登山道になっているのに醜い。最後は右下のほうに林道が見えたのでようやく安心。

         行くときと帰る時、釜無山前後ではかなり通り道がずれています。  結果的には所要時間は以前のに比べ長くなっています。道を間違えたからなのか年による体力低下によるものか?

         ま この尾根歩き、 高所恐怖症になるような怖い所はないので気は楽ですが、深い笹、いくつかのアップダウンとかなりの長距離、次第にこういう藪山歩きも出来なくなっていくのでしょうね。 

           ルート図

                トップページへ   >    山歩き、渓歩きへ   > 2022年山歩き、渓歩き白岩岳